【概要】
●サンプリングモアレカメラは、各種構造物の奥行き方向を含む微小変位を1台のカメラで多点同時に高速で測定できます。このカメラを用いることで、遠隔・非接触で橋梁など大型インフラ構造物のモニタリングが可能となります。今後、インフラの維持管理・更新の高度化・効率化を図り、作業時間の短縮や通行規制などの利便性低下の抑制など、人材・技術・財源不足の解決への貢献が期待できます。
●国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果得られた成果を活用しています。

【特徴】
● XYZ変位を遠隔からカメラで簡単計測
● 高速撮影(最大500fps※以上)が可能
● 測定中のリアルタイムモニターによる波形確認
● 24時間以上の連続測定にも対応